赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】

赤ら顔に効く成分を最新技術によってお肌の奥まで浸透させて治したい方は、コチラからどうぞ!

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!

赤ら顔について

赤ら顔とは、

ニキビが治っても赤みが引かない
・日焼けだと思っていたら赤みがずっと消えない
・冬でもないのに頬が赤い


これらの状態は、毛細血管が異常に拡大していたり、炎症がいつまでも続いていたり、色素が皮膚の深い部分に沈着してしまっている可能性があります。

その他に見られる赤ら顔の症状は、皮膚の表面(角質層)が薄くなって、真皮層という皮膚の下層部の毛細血管が透けて見えていたり、毛細血管の拡張が続くことで起こります。




また、人間の皮膚の角質層はわずか0.02ミリほど、お肌を「削っている」という自覚はなくてもお肌には大きな影響を与えてしまう行為があります。

お肌を「削っている」行為とは、

洗顔の際に、泡ではなく、手で肌をこすって洗っている
・マッサージを頻繁に行っている
・スキンケアの中に、ピーリングをとりいれている


その結果、

肌が薄くなり、血液が浮き出やすくなる
・免疫が落ちてニキビや肌あれなどの炎症がおこる
・皮膚そのものまでも赤くなり、赤ら顔が悪化する可能性がある


肌が荒れると、炎症が起きるため皮膚は更に赤くなります。

その原因は、
・ニキビ
・吹き出物
・かぶれ
などが考えられます。

そして敏感肌やアトピー肌は更に注意が必要です。

一度炎症を起こすような肌トラブルを起こてしまうと、そこの部分の皮膚はひどく免疫力が落ちてしまうため、雑菌を繁殖させやすく、そこからまた新たな肌トラブルを呼び起こすのです。

例えば、かぶれてかゆくなってしまったところに、ニキビができることなどがいつまでもトラブルを繰り返し、ずるずると肌の炎症状態が続いてしまうとその赤みが色素沈着し、赤ら顔になります。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】は2つの実証試験済みです!





2つの実証試験済みではありますが、多くの赤ら顔に悩んでいる方に試していただきたいという思いから、[60日間の返金保障制度]を設けました。



→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】の独自技術・ラメラ構造って何?

通常の化粧品(クリーム等)はべたつきがちですが、赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】は独自技術のラメラ構造を取り入れているので、サラッとした仕上がり感でベタつきません。

その秘密は多層浸透型バリアテクノロジー・ラメラ構造を採用しているからです。


ラメラ構造とは水分と油分が交互に何層にも重なり合っている構造です。
トロっとしているのにベタずかずに、お肌の保湿、バリア機能を高めます。


赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】は今までの化粧水とは作り方が違うので、トロっとしているのにサラっとした仕上がり感が期待できます。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】には赤ら顔ケア厳選成分配合!





ショウガ根茎エキス:ショウガ科ショウガの根茎。この生薬の特性は体を温め、新陳代謝機能を高める作用をもちます。主成分のジンギベロールは血小板の凝集を妨げます。また、軟骨を破壊する酵素の生成を抑制する効果も認められています。効能としては芳香辛味性健胃、食欲増進、発汗などに効果があります。

甘草(カンゾウ):マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの。緊張を緩和させる作用をもちます。 成分であるグリチルリチン酸およびその加水分解物には、ショ糖の150倍の甘さがあります。効能は、諸々の急迫症状を緩和し、鎮痛、鎮痙(ちんけい)、解毒、鎮咳(ちんがい)などに効果があります。

茯苓(ブクリョウ):サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥し外皮を除いたもの。
尿細管の再吸収を抑制するため利尿作用が高く、ミネラル類(Na、K、Clなど)の排出量が増加します。 病後の体力増強作用をもち、薬の巡りを良くするとも信じられています。効能は利尿作用、健脾(けんひ)、滋養、鎮静、血糖降下などに効果があります。

川キュウ(センキュウ):高さ30〜60 cmになる多年草です。草全体、特に根茎に特有の香りがあります。茎の先に白色の小さな花を多数つけますが、結実はしません。生薬には、湯通しして乾燥させた根茎を用います。特性は血行を促して、血液を活気付ける作用を持ちます。効能は駆?血(くおけつ)、鎮静、鎮痛、補血(ほけつ)、強壮などに効果があります

===用語集=====
生薬(しょうやく):薬用にする目的をもって植物,鉱物,動物,昆虫,カビ,細菌などの全体,あるいは一部,分泌物などをそのまま,あるいは乾燥,またはこれに簡単な加工を施したもの。
漢方をやっていくうえで、一番重要で大切なのは、漢方処方の原料である「生薬」であると言えます。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔専用化粧水【白漢 しろ彩】の口コミは??


子供にも使えるというくらい刺激が少ないです。

しっとりしていて、赤み以外にも乾燥によりニキビもできずらくなりました。

1本目ですが少し気にならなくなってきました。どうしても、赤みがある部分がファンデが厚塗りになってしまうので、もっと薄塗りでよくなるといいなと思い使ってます。

病院で赤みのレーザーを受けた事もありますが、何回も回数が必要な上にかなり高額でした。こちらの化粧水でしたら日常的に予防、改善できるのでいいなと思いました。

女子、30代




白漢 しろ彩に出逢い毛細血管にアプローチすることが、お肌の元気さを取り戻せることを知り希望を抱きました。

ほんの少しトロミを感じる乳白色のローションは洗顔後のお肌に心地良く吸い付くような感覚でぐんぐんお肌へ入っていき、うるおい感に満たされる感覚を感じます。

わたしは、紫外線をいっぱい浴びた夜の愛用時には重ねつけするのが日課になっています。

その後に愛用するスキンケアの浸透も向上するような感じで、愛用26日目の現在、とてもお肌の調子が良く、うるおい感の持続を実感でき嬉しいです。

お肌の赤みも少し緩和でき、チークの発色がキレイになり、メイクアップするのも楽しくなりました。

お肌のなめらかと色味の統一感は、お肌が明るくなり、女子としてのモチベーションもあげてくださるように感じました。

低刺激処方でお肌にやさしいので、お肌の赤みでお悩みの方は是非、1度、おためしを。
女子、50代



頬と顎あたりの赤みが気になっていたので使ってみました。

使い始めて1週間ほど経ち、気になる赤みがだいぶ落ち着いてきました!
少しだけとろみがあり、お肌にも馴染みやすいです。
優しい香りも気に入りました!

しっとりするけどベタつかないので使いやすい!
女子、20代



使い初めて二週間位経ちました。
赤みが気になってきて特に頬はいつも、赤くて気にしていました
この化粧水はとろみがあり
香りもよく肌への浸透もよくて
使い続けていくと赤みがひいてきます!

べたつかず季節問わず使えそうです

定期購入などでお得に買えたりもできるのでオススメです。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔の種類

赤ら顔には主に3種類あります。

毛細血管拡張症:皮膚の細い血管が通常より多くなっている状態

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん):皮脂が出すぎることによって、皮膚が皮脂にかぶれて赤くなることがあります。マラセチア属というカビの一種が関与しているともいわれています。
赤ら顔でふけが出やすい人は可能性が高いです。もともと乾燥肌でTゾーンが脂っぽい人は可能性が高いです。

脂漏部位(しろうぶい)=皮脂腺は手掌、足底を除いたほぼ全身に分布していて、 特に発達した皮脂腺が多数集まった部位のことをいう。皮脂腺は頭部以外にも、顔や胸部、背部などもよく発達しています。

酒さ(しゅさ):酒さとは顔が赤くなる病気です。原因はよくわかっていません。欧米人に多いですがす。中年男性に多いと言われますが、女性にも見られます。酒さは皮脂腺が異常に増殖する病態です。皮脂腺が増殖すると皮脂腺の周りの毛細血管も増殖する(皮脂腺に栄養を供給するため)から赤ら顔になります。よって治療は皮脂腺の増殖を抑えること、皮脂を減らすこと。皮脂線の周りに増殖した毛細血管を減らすことが必要です。

その他の種類
大人にきび(ニキビ):にきびが多く出来ることによって赤ら顔になることがあります。にきびは毛穴の炎症ですから、にきびがたくさんできれば炎症が顔全体に広がって赤くなるのです。

赤面症や心理的なもの:社会不安症障害のひとつで緊張した場合に顔が赤くなります。生理的な反応なので、社会不安障害はメンタル系クリニックで内服療法が可能です。

ホットフラッシュ:いわゆるほてりですのぼせともいいます、更年期障害で見られます。治療対象ではありません。生理的なもの、または更年期障害の症状です。普段は顔が赤くなくても力んだ時に赤くなったり温度差によって赤くなります。

ピーリング:ピーリングをやりすぎるとお肌を削ることになるので赤ら顔になります。ホームピーリングという自分でできるタイプのピーリングでもやりすぎれば赤くなります。この場合は、ピーリングをまず中止することです。

敏感肌:乾燥性敏感肌という言葉が最近よくつかわれます。角質のバリア機能が低下し外部の刺激に敏感になっている状態です。この場合も赤ら顔になります。

にきび跡(ニキビ跡):ニキビが治った後 にきび跡がいつまでも赤く長引くことがあります。このニキビ跡数が多い場合には赤ら顔に見えます。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

赤ら顔の原因

毛細血管拡張症

・脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん:皮脂によるかぶれ)

・酒さ(しゅさ)

・寒冷地や室内外の温度差の大きい環境で育ち、気温差に敏感な肌の人

・赤あざ

・自律神経性(赤面恐怖症(社会不安障害)、興奮、緊張など)

・ニキビ、アトピー

・皮膚の薄い人→皮膚の毛細血管が透見できるほど表皮(特に角質層)が薄い人


→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

ケースBY赤ら顔

血管拡張タイプの赤ら顔(皮膚の細い血管が通常より多くなっている状態):

・両頬だけが常に赤い( ニキビ等はありません)
・両頬に赤みのある症状(リンゴほっぺ)
・急な温度変化や緊張・興奮からくるほてり(ニキビ等の問題はありません)
・鼻の下の血管が気になる(鼻の小鼻の周りや下には細い血管がたくさんあります)
・外部刺激(ホコリなど)で顔が熱く赤くなる
・温度差のあるところに行くと顔が真っ赤になる
・人前に出るだけで緊張してしまう赤面性?もあります

脂漏性皮膚タイプの赤ら顔:

・鼻の横が赤く、血管がうっすら見える、鼻が絶えず赤くなる(赤鼻のトナカイ)

乾燥肌による赤ら顔(冬場は症状が悪化)→乾燥肌と思いきや鼻の周りは脂っぽい、顔全体毛穴からの角栓の発生がひどく、乾燥肌で顔を洗うと毎回顔の表皮がぼろぼろむける、1日1回のぬるま湯での洗顔後でもすぐ赤ら顔になる→これらのお肌には:角質が傷んで乾燥肌になっているので、ピーリング石鹸や刺激の強い化粧品は使わないほうがよく、マッサージ等お肌をこするような行為もいけません。

毛細血管拡張症+脂漏性皮膚の合併の赤ら顔:

・若い頃から毛細血管拡張症になり、血管が目立ち、顔全体にニキビができ、皮脂が次第に増えて赤ら顔がひどくなりました。小鼻周りのみ赤みのある炎症と痒みが長く続きます。
     

ニキビ+敏感肌の赤ら顔:

・20代でニキビができはじめ赤ら顔と敏感肌になりました。日に当たるとすぐ赤くなってしまいます。

毛細血管拡張症+ホットフラッシュ(自律神経調整不全)による赤ら顔:

・少しの寒さで頬が痛いぐらいに冷えたり反対に暑いときは腫れて赤ら顔になって顔が熱くなります風に当たったり、寒い時には顔の皮膚が萎縮してしまいますほんの少し触れるだけで、赤ら顔になってしまいます→ある種の生理的反応ですのでなかなか根本的改善は厳しいこともあります。

→赤ら顔を皮膚科や手術で治療する前に試してみたい赤ら顔専用化粧水【白漢しろ彩】はコチラからどうぞ!白漢しろ彩

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを